今月のコラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

「めまい」について

「目がまわってグルグルする…」「体がフワフワしてふらつく…」「立ち上がるとクラっとする…」
こういった症状を経験された方は少なくないでしょう。今回は身近な『めまい』についてのコラムをお届けします。

めまいとは?
ひとことで言うと、一般的に「頭がクラクラとして目が回るような状態」のことを指すようです。医学的な観点では、視覚や平衡感覚に不調が生じたことで起こるものであると言われています。
ちなみに、漢字で書くと「眩暈」「目眩」などと表記されます。

めまいの種類
めまいには大きく分けて3つに分類されます。

①回転性めまい
自分自身がグルグル回っている感覚や、周囲がグルグル回っているように見える症状が見られます。急に発症し、吐き気・嘔吐のほか、耳が聞こえづらくなる、耳鳴りがするなどといった症状をともなうことがあるのが特徴です。これら回転性のめまいの原因の多くは、耳の異常から起こると言われています。放っておくと、難聴になる恐れもあります。また、脳出血や脳梗塞と言った脳の異常からも起こることがあるようです。

②浮動性めまい
身体がフワフワした感じでふらつく、まっすぐ歩けない、姿勢を保つのが難しいなどの症状があらわれ、フワフワ揺れる感じと、頭痛やしびれ、さらには運動まひなどの神経に関係する症状をも伴うことがあります。浮遊性のめまいの多くは脳の異常が原因で起こります。

③立ちくらみのようなめまい
立ち上がるとクラッとする、時に目の前が暗くなるなどの症状が見られます。失神を伴うこともあるようで、血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。

立ちくらみとめまいの違い
立ちくらみとめまいは、その症状が似ていることから同一視されがちですが、実は原因がまったく違うのだそうです。

めまいが上記のような点に起因するのに対し、立ちくらみは、低血圧や貧血の状態で急激に動いたり長時間同じ姿勢を保って動かなかったりすることで、脳に血液が十分供給されなくなることで起こるのです。また、三半規管がその機能を発揮するための酸素が不足することも立ちくらみの原因です。

めまいとカイロプラクティック
では、カイロプラクティックはめまいに有効なのでしょうか? 答えは、「想像以上にめまいに対してカイロプラクティックは有効である」と言えます。

上記にあげためまいの原因の根本には、「椎骨動脈の血流障害」「ストレートネック」「頭蓋のゆがみ」などが挙げられます。

こうした症状に関係する首の動脈や神経の伝達は、首の矯正により改善されることがあります。また、首・全身の骨格の歪みにより動脈の周りを囲んでいる周辺筋肉の圧迫が原因で起こる血流障害などの場合も、首~肩の骨格を矯正することにより、筋緊張を取ることができます。

これらはなかなかマッサージでは改善されにくいものですが、カイロプラクティックは筋肉の緊張の原因となっている根本の「骨格のゆがみ」「骨盤の歪み」に対し、直接アプローチできます。そのため、カイロプラクティックはめまいに有効であると言えるのです。

*     *     *     *     *     *     *

「めまい」で悩んでいる方は、まずはかかりつけの病院で検査をされたうえで、当院までご相談ください。

「めまいの悩み」「立ちくらみの悩み」のことなら、大泉学園北口カイロプラクティック整体院へ

ページの先頭へ戻る