今月のコラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

「カイロプラクティック」と「整体」の違い

「カイロプラクティック」と「整体」。この二つの言葉に似たような印象をお持ちの方が多いと思います。両方ともに手技療法を指す名称であり、骨を矯正していくという部分では共通していますが、実はまったく別物なのです。

今回は、「カイロプラクティック」と「整体」の違いについてのコラムをお届けします。

「カイロプラクティック」と「整体」の背景的な違い
まず、これらの大きな違いとして、「何を基礎としているのか?」という点が挙げられます。

「整体」は主に東洋医学を基礎とし、日本古来のものや中国由来のものがあります。様々な術者が経てきた経験の積み重ねや師匠や文献などの言い伝えで伝えられたものが多く、様々な整体術の総称が現在の「整体」のおおもとになっています。

一方、「カイロプラクティック」は西洋医学を基礎とし、アメリカで発祥した手技療法です。西洋医学は身体のしくみ(解剖学)、はたらき(生理学)病気、怪我のなりたち(病理学)が体系的にまとめあげられた医学であり、病院などで行う検査などもこの西洋医学に基づいて実施されています。

西洋医学の特徴
西洋医学は、骨・筋肉・神経などが症状によってどのように変化し、身体にどんな現象が起きているのかが体系的に理論づけられ、施術や治療による症状の変化や、経過なども客観的に観察することができます。

「カイロプラクティック」と「整体」の施術の目的の違い
また、施術の目的にも違いがあります。
手技によって骨にアプローチをするという点は共通していますが、アプローチをする目的に違いがあるのです。

「カイロプラクティック」は身体の歪みをつくるおおもとの原因を探して背骨や骨盤を矯正し、身体全体のバランスを整えていくことがアプローチの目的であるのに対し、「整体」のアプローチの目的は身体の歪みが出ている部位を直接矯正していくことにあります。

カイロプラクティックのアプローチの特徴
身体全体のバランスが整うことで、身体の様々な部分(筋肉・神経など)のはたらきが正常な状態に近づき、それにより身体の回復能力を引き出すことにつながります。

施術のやり方は様々ですが、当院のカイロプラクティックは専用の特殊なベッド(トムソンベッド)を使用して施術を行うため、患者さんの負担を大幅に減らして行うことができます。
また、安全面でも無理に捻じった施術はせず、症状によっては医学的な検査を実施して施術を行うため、より安全に、より確実な施術の提供をさせていただいています。

「カイロプラクティック」と「整体」どっちがいいの?
どちらにも長所があり、難しい部分ではありますが、西洋医学を基礎とするカイロプラクティックの場合、なぜ痛くなったのか?の原因を客観的に見つけることができ、もし、病院で診察を受けている場合は、診断結果を反映させて施術をすることが可能となります。

また、トムソンベッドを使用することにより、身体を無理に捻じる施術は行わないため、「なんとなくカイロって怖い」というイメージをお持ちの方や痛みが強い方は、無理なく施術を受けて頂くことができます。

みなさまの健康維持にぜひ、当院のカイロプラクティックをお役立てください。

「カイロプラクティック」「整体」のことなら、大泉学園北口カイロプラクティック整体院へ

ページの先頭へ戻る