今月のコラム

健康について考えるコラムです。お時間ある時にご覧ください。

肩こりするのは日本人だけ?!

肩こりするのは日本人だけ?!

外国の人は「肩こり」はしない。こんなこと聞いたこと、ある方もいらっしゃるかと思います。

日本においては、厚生省が統計を取っている国民生活基礎調査で、女性の自覚症状ダントツ1位になっているのが肩こりなのです。(男性は1位が腰痛、2位が肩こりです)

そのため、日本人からすると信じられない話ですが、本当なのでしょうか。

日本人にとっての「肩」とは?

そもそも肩こりという言葉自体が日本人特有のものなのです。

日本人にとって肩は、「権威」や「威力」を表す事が多い部位です。
肩に関する慣用句もたくさんありますよね。「肩を並べる」「肩身が狭い」「肩で息をする」「肩の荷が下りる」「肩をすぼめる」「肩を貸す」「肩を落とす」などなど、肩を用いた慣用句には、人生や生き様を表す物が多く思い浮かびます。

そこから、日本人の肩への特別な意識が、「肩がこる」という言葉につながっているのでしょうか。逆に「肩こり」という概念がない外国人は「肩こり」知らずでいられるのかもしれません。

日本人と外国人の「骨格」「筋肉量」の違い

また、外国人はもともと日本人よりも骨格が大きく、筋肉量が多いのもひとつのポイントでしょう。

人間の頭の重量はおよそ5~6㎏。これはボーリングの球で言えば12~13ポンドの球に相当します。そんなに重たいものが頭の上に乗っていたら、頚は前方に傾いてもげそうになってもおかしくありませんが、そうならないのは後頸部の筋肉と首のカーブ(生理的弯曲)によって人の身体のバランスが保たれているからです。

そこで話を戻して考えてみると、筋力量が多い外国人は、それだけ首~肩まわりが疲れづらい。というところに至るわけです。

肩こりを解消するには

では、なで肩体型が多い日本人が肩こりを解消していくためには、どうしたらいいのでしょうか。

肩こりを解消するには

  1. 生理的弯曲をつけるなで肩になると猫背にもなりやすくなるので、生理的弯曲をつけ身体に負担のかからない綺麗なS字の背骨にするといいですね。
  2. 筋力をつける運動不足にならないよう適度に身体を動かし、なで肩の原因である肩の筋肉(僧帽筋上部・肩甲挙筋)や背中の筋肉(菱形筋)筋力アップを図るのも効果的です。
  3. ストレスを溜めない「ストレス→血行不良→筋緊張→こり・痛み→ストレス」のループにならないように、まずは「ストレスをストレスと感じない」という脳内変換ができるといいかもしれません。
  4. 痩せ過ぎ・太り過ぎを解消する痩せ過ぎると、総体的な筋力が弱く身体を支えられず疲れてしまいます。太り過ぎると、余計な負担がかかりやすいため、筋や関節に負担がかかり過ぎて疲れてしまいます。

まとめ

他にも、「うなずく」「正座をする」「着物を着る」など、文化や慣習の違いも考えられます。今から外国人にはなれませんが(笑)、肩こりを解消する、肩こりのしづらい身体に改善していくことは、今すぐに始められますよね。

ストレッチや体操も数々紹介されていますが、まずは当院で骨格バランスをチェックし、カイロプラクティックで根本の歪みから改善していきましょう。

「肩こり」のことなら、大泉学園北口カイロプラクティック整体院へ

ページの先頭へ戻る